メタトレーダーMT4の使い方、バックテストによる最適化から、EAで自動売買する方法まで、ご説明します。

MT4 の使い方How to use MT4

FX自動売買には、「メタトレーダー4」というソフトを使用します。
メタトレーダー4というのは、世界のスタンダード的な位置付けのFX売買ソフトです。
高機能で実績豊富、しかもフリーソフトなので、どなたでも無料でご利用になれます。

このサイトではMT4を使用した自動売買のやり方から説明を始めています。
MT4のダウンロード、インストールから手順をご確認頂きたい方は、以下のサイトを参照ください。

【大石流】 FX 必勝法? ステップ 2. MT4を準備する


MT4をセットアップする


メタトレーダー4をセットアップし、自動売買する方法をご紹介します。

初回ログイン方法

メタトレーダー4を起動させると、最初に以下のようなデモ口座申請画面が表示されます。
デモ口座で運用するときの申し込み画面ですが、すでに実口座を開設しているため、不要です。
キャンセルをクリックしてください。

デモ口座の申請


次に、取引口座のログイン画面が表示されます。
口座申し込み時、およびその後で送ってくるIDとパスワードでログインしてください。

メタトレーダー

メタトレーダー4が起動します。
これで初回ログイン作業が完了です。


バックテストで EA を最適化する


新しいEAを入手したら、まずはバックテストでEAの検証や調整を行うことをオススメします。

バックテストとは、過去のチャートデータを使用して、自動売買プログラムなどのパフォーマンスを確認する方法です。
パラメータを変更し、性能の最適化をすることもできます。


EAのインクルード

メタトレーダー4をインストールしたフォルダに、”MT4”というフォルダが生成されています。
MT4 ¥ MQL4 ¥ Experts
が、自動売買EAのインクルードフォルダです。
まずはここに、自動売買EAを置いてください。

EAを置いたら、メタトレーダーを起動します。

メタトレーダー4


ヒストリーデータの取得

過去のチャートデータを取得し、使用します。
“ツール”⇒“History Center”をクリックしてください。

ヒストリーセンター


過去のデータのダウンロード画面が表示されます。
EAに使用する通貨ペアと時間軸を選択し、”Download” を押してください。
ダウンロードが完了すると、データが使用可能になります。

過去のチャートデータ

ここは少しわかりにくいので、動画でもご紹介しておきます。



バックテストのやり方

“表示”⇒“Strategy Tester”をクリックしてください。
画面下に、バックテスト画面が開きます。

ストラテジーテスター


【Expert Advisor】
EAを”expert”フォルダに入れてあれば、ここに表示されます。
使用するEAを選択してください。

【通貨ペア】
使用する通貨ペアを選択してください。

【期間】
チャートの時間足を選択してください。

【モデル】
当サイトのプログラムは、全てデフォルトの”Open prices only”で結構です。
他の方法で手に入れたプログラムは、念のため”Every tick”にして実行しましょう。

”Open prices only”は、1つ前の足によって売買判定を行います。
”Every tick”は、全ての値動きをトリガーに売買判定を行います。
当サイトのプログラムは、バックテストと現実の差が出ないよう、どの設定でも同じ結果になる作り方をしています。
当サイト以外のプログラムを使用する時はご注意ください。

【日付と時間を使用】
期間を指定する場合、チェックを入れて日付を入力してください。
指定しなければ、現在からヒストリーデータの存在する過去までのバックテストになります。

“スタート”を押すと、バックテスト開始です。
バックテスト


緑色のバーが右端まで行ったら、バックテスト完了です。
“Graph”タブで資産曲線を、“レポート”タブで詳細を見ることができます。

レポート


以下、代表的な詳細データをご説明しておきます。
基本的に、以下のパラメーターをチェックすれば十分だと思います。


【Initial deposit】
バックテストの開始資金です。

【Total net profit】
バックテストによる損益です。
通貨単位で示されており、これが評価の指標になります。

【Profit Factor】
利益/損益です。
1.0以上であれば黒字、それ以下であれば赤字となります。

【Total trades】
トレードした回数です。

【Maximal drawdown】
最大ドローダウンです。
これが少ないほど、安定した安全なプログラムです。

【Profit trades】
勝率です。


数値は通貨単位で表示されます。
US ドルを使用していれば、例えば100という表示は100ドルを表します。
利益などの数値はロット数によって変わってしまうため、pipsで見るべきです。
0.1ロットの場合、1 pips = 約1ドルです。
よって0.1ロットでは、100という表示は100ドルであり、100 pips ということになります。


EA で自動売買する


自動売買の設定

ここから、実際に運用していきます。

デフォルトで最初から表示されている4つのチャートは不要なので閉じてください。
ファイル ¥ 新規チャート
で、取引したい通貨ペアのチャートを開きます。
画面上のバーで、自動売買に使用する時間足を選択し、チャートを整えます。
左のナビゲーターメニュー、“Expert Advisors”の左の“+”を押して開きます。
ここに自動売買プログラムが表示されますので、使用したいプログラムをチャート上にドラッグ&ドロップしてください。


自動売買の確認画面が表示されます。
“Allow Live traning”にチェックを入れてください。
これが自動売買をスタートできる状態にする、というチェックです。

自動売買設定


パラメーターの入力タグを選択すると、各種パラメーターを変更できます。
OKを押すと、自動売買の準備完了です。

画面上部メニュー中央、“Expert Advisors”をクリックする度に、自動売買が実行/停止されます。
青が実行中、赤が停止中です。
自動売買の状態は、チャート右上の表示でも確認できます。
こちらは笑顔マークが実行中、×が停止中です。

以下、動画で確認しておきます。



売買が実行されると、画面下のターミナルウィンドウに表示されます。
基本的に使用するのは、“取引”タグと“口座履歴”タグです。

“取引”タグでは、現在保有しているポジションが確認できます。
“口座履歴”タグでは、過去の取引の損益などが確認できます。

一番右に表示される“損益”と、一番下の行に表示される“口座残高”の2点さえチェックすれば良いと思います。

先述の通り、バックテストの条件やカーブフィッティングにより、バックテストと実運用の差が出てしまう EA も多いです。
FXが始めての方は特に、最初は小さいロットで様子を見ながら運用してください。

バナー


日本語 / English



大石流FX自動売買 Web Site

FX の始め方から勝ち方まで
【大石流 FX 必勝法?】

自動売買 EA 無料配布中!
【大石流 FX 自動売買】